日本酒輸出・日本食品輸出 展示会の出展

中国深圳展示会出展の日本酒輸出

出荷について
9月展示会の為、コンテナの混雑が予想され乙仲(通関輸出入業者)から
7月末には出荷しないと時間的に厳しいと・・・!
それに合わせて出荷準備

商品点数は50点あり
商品準備がぎりぎりになり 食品に関しては賞味期限が不明
到着しないと解らない状態で到着後確認し中国に連絡
ラベル変更は中国で予定していのに なんと!!
日本でとの回答…..?

COViD19の影響で中国側でのラベル張替えはリスクがあるとの回答
仕方が無く日本で倉庫を借り、ラベルを張替え
出荷ギリギリに完了して出荷完了


到着は8月20日過ぎと言うなので
産地証明取得は商品が揃うのがギリギリを想定していたので
出荷後取得を予定
慌てづ、盆休みをと思っていたのですが

通常通り荷物が届き(COVID19)影響泣く!
産地証明が無く大慌て
ある程度書類はできていたのですが
日本酒産地証明は国税局
食品産地証明・自由販売証明は農政省
衛生証明はお酒・食品共に商工会
中国荷物到着後72時間ルールが存在する
到着後72時間過ぎるとコンテナを開け
検査を行う事になっている。(冷蔵コンテナの温度があがる)

当然72時間は過ぎ、産地証明は貰えず
2日後 書類が全て揃いデータを送り
現在待機中

教訓
COVID19影響関係なく
いつも通り余裕をもって出荷準備する
食品メーカーとの関係性を上げる(物量増加)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です